ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

講談社漫画賞

7月1日に行われた講談社漫画賞受賞パーティにご招待いただけたので行ってまいりました!
初参加で初めてたくさんの作家さんに囲まれて最高に緊張しました…
思い出話を語りますのでめちゃくちゃ長くなりますよ~!


招待状をいただいた時は本当にびっくりしました!呼ばれるとは全く考えてなかったので、作家さんがたくさん集まる場所に行くことが想像できずかなり出席を悩んだのですが、わからないことだらけの私に同期の吉田はるゆき先生がたくさん相談に乗ってくださって、他にも様々なところで背中を押され出席を決意しました。ですが7月1日になる前から緊張で胃が痛かったです!
7月1日、死ぬんじゃないかってくらい心臓バクバクしながら準備をして空港に到着し緊張を和らげるためツイッターを覗いていると大変な事実が発覚しました。
同じ地元住みのゆみみ先生となんと同じ飛行機だったのです!
同じ県に住んでいらっしゃる事は知っていたので同じ空港だろうとは予想していたのですが、まさか同じ飛行機に乗るとは…!すごい確率に感動してしまいました。
ゆみみ先生と同じ飛行機で東京に到着するもタイミングが合わずお目にかかれないままホテルを目指すことになりました。1年前初めて東京一人旅をしたときは1分で着くところを30分かかったりしていたので今回はかなり時間に余裕をもってホテルを目指したところ、1時間前に到着しキャリーバッグを預けるまで成功しました。これはコミュ障世間知らずひきこもりの私にしたらものすごくすごいことなのです!よくやった!と自分をほめることができます!!こんなんで二十歳なんだからびっくりですよ!!!
近くの本屋さんで時間を潰し、担当さんとお約束した時間になったので再びホテルへ。入口でもたついていると「あっちょうどいた~」と聞き覚えのある声がして顔を上げると担当さんが!無事に出会えたことにホッとしたのも束の間「こちら紹介しますね、藤原トリュフ先生です」と一緒におられた女性を紹介されました。これが東京で一番最初の作家さんとの出会いでございました。もうね、言われた瞬間え?作家さん?あの、絵が儚くて美しいあの藤原先生?え?と頭がパンクしてしまいご挨拶するのが精いっぱいでした…!たぶんなんだこいつ顔ひきつってるしだんまりだし一緒にいずらいわと思わせてしまったのではないかと思います大変に申し訳なかったですえのきの頭は爆発寸前でございました。
藤原先生とお別れし担当さんと打ち合わせのため喫茶店へ。今月末締め切りのネームを見ていただくため持ってきておりましたが、またそこで衝撃事実が発覚しました。
7月末締め切りだと思っていたネームが6月末締め切りでした。
信じられます?一か月間違ってたんですよ?一日じゃなくて一か月ですよ?しかも全く気付かなかったんですよ?なんでこんなアホ丸出しなのでしょうか???
もう締め切りがすぎた、という事実を初めて知りあまりのショックに放心してしまいましたが、なんと担当さんの配慮で2日、次の日の昼まで締め切りをのばしていただいておりました!担当さんが優しすぎて拝むくらいじゃ足りませんよ!!そういう事でその場でネームにアドバイスをいただき、パーティが終わった後に直して次の日の昼までに提出する流れとなりました。
打ち合わせも終わり、パーティの準備のため担当さんとお別れしホテルへ。準備しながら緊張はマックスに達しておりました。今にも吐くのではないかってレベルで緊張しておりました。私こそひきこもりです。
さて時間になったので会場の帝国ホテルへ一人で向かいます!宿泊ホテルの目の前だったので行くまでに迷うことはありませんでしたがまたそこで事件が!
帝国ホテル内で迷子になりました。
何を言ってるかわからないと思いますが、私もわかりませんでした。なんで帝国ホテルってあんなに広いのでしょう。イジメでしょうか。結局わからなくてフロントのお姉さんにききましたよ。本当優しかった。身に染みた。
そんなこんなでようやく会場到着、したのは良いのですが、顔見知りが見つからない!なかよし作家さんで顔をしっているのは吉田さんだけだったので捜すけどみつからない!しばらく会場の隅でぼっちしておりました。
すると遠くで担当さんを発見!誰かと話してらっしゃる!近づいてみるとそこにいらっしゃる集団はなんかこう、キラキラしてて、もしかしてなかよし作家さん達なのでは…!?と思いさらに近づいてみますがここで問題だったのが私がコミュ障だという事。話しかける勇気も無いし、もし話しかけても違っていたら…!?と思うとますます話しかけることができません。ですが他に行くところも無くしばらくその集団を見つめておりました。もし私に気付いてらっしゃる方がいたらなんであの人はあんなにこっちを睨み付けてるんだ!?と思われたと思います。
しかし自分から行動を起こさなければ世界は変わらない!いけえのき!と勇気を振り絞り先ほど担当さんと話していた方に接近!
「すみません、あの、もしかしてなかよし作家さんですか?」
「わ!そうです!」
キッキタアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!間違ってなかったアアアアアアアア!!!!!すると左側から「あ!えのきち!」と呼ばれ振り返るとそこに吉田さんが!!!イタアアアアアアアアアヨカッタアアアアアアアアアア!!!!!
私が話しかけたのは瀬田ハルヒ先生、お隣にいらっしゃったのが双子でらっしゃる茶匡先生、そして一緒に吉田はるゆき先生もいらっしゃったのです。こうして無事なかよし作家さんに合流することができました!話しかけるって大事ですね!
そこからは瀬田先生、茶匡先生に助けていただきたくさんなかよし作家さんと名刺交換をすることができました。やっぱり漫画家さんの名刺ってキラキラしててハイセンスで美しくてかわいて本当素敵ですね!見てるだけでウキウキしちゃいます!瀬田先生茶匡先生には本当に感謝じゃ足りないくらいめちゃくちゃ助けていただきましたありがとうございました…!!メシアよ…!!
パーティが終わるとそのまま二次会へ。今度は立食ではなくテーブルに座りました。
そこでまだご挨拶をさせていただいていない先生のお隣に座らせていただいたので名刺交換をさせていただきました。
すると!!なんということでしょう!!お隣の先生は!!あの!!秋元葉子先生だったのです!!!
「蜘蛛女」が大好きな私はもう発狂寸前でございました!あの秋元先生が目の前に!!握手もしてもらっちゃいました!!ギャーーー!!!
そのたかぶったテンションのまま目の前に座ってらっしゃった先生にもご挨拶がまだでしたので名刺交換をお願いしたところ、
なんと!!目の前に座ってらっしゃるその先生は!!あの!!菊田みちよ先生だったのです!!!
お名前をきいた時正直理解が追いつきませんでしたよね。だって菊田みちよ先生と言ったら、私たち世代が少女漫画を読んでいた頃から大活躍されている先生ですよ。まもって!ロリポップですよ。私はゼロくん派でしたよ。思わずは?と聞き返してしまいそうになりましたよ。あまりに感動すると脳って逆に冷静になるんですね、秋元先生であがったテンションがスッとひいていくのを感じました。そうか、私、感動してるんだ(悟り)
二次会ではビンゴ大会が行われました。ぬいぐるみやネイル等女子力の高い景品が並ぶ中、ひとつだけ異質な雰囲気をかもし出す箱が…書いてある文字は「悪戯マグ」。
いやいや、いやいやなんですかそれめちゃくちゃ気になるじゃないですか!!なんですかその悪戯マグって!!
同じテーブルに座っていた作家さん達でザワザワと盛り上がり、このテーブルにあのマグをお迎えしたいという話になりがんばることに(何をがんばるのだろう)。穴は開くけどビンゴが来ないターンが続き、ちらちらと周りでビンゴが出始め、やばい!マグが持っていかれる!と思いましたがびっくりするほど皆様マグに興味を示さず。なぜ!?あんな異質なのになぜ!?とか言っているうち同じテーブルの桜倉メグ先生がビンゴ!!マグを確認しようと箱をあけると…
マグには女性の長い髪が垂れている(ようにみえるペイントがしてある)のです!これはイタズラだわ!普通にびびるわ!
結局桜倉先生はそのマグとおまけで付いてきたお人形をお持ち帰りなされました。めちゃくちゃかわいい桜倉先生にぴったりのお人形と、全く似合わないマグカップ、魅力的な組み合わせでした(笑)
私も終盤ビンゴしカラーペンをいただきました!ありがとうございました!
同じテーブルの作家さんがとっても仲良くしてくださったことで二次会をとても楽しく終える事ができました。一番新人ぺーぺーの私に本当感激でした…!
二次会が終わるとホテルに戻り、一旦お風呂に入って着替えた後瀬田先生茶匡先生のお部屋でだべる目的の三次会に参加させていただきました。先のお二人と、あおいみつ先生、秋元葉子先生、紺のんこ先生、ゆみみ先生、吉田はるゆき先生、渡辺留衣先生とご一緒させていただきました。本物のネーム、様々なお話、情報交換と本当に有意義な時間を過ごさせていただきました!周りに漫画家友達も知り合いもほぼいなかった私にとってとても新鮮で楽しい空間でございましたっ先生方に感謝です!それにお土産のお菓子もいただいちゃいましたよ~地元に引きこもっている私には手に入れられない地域限定お菓子の数々、大変おいしくいただきました!
三次会も終わり自室に戻ってきました。慣れない一人旅で疲れていましたが、ここで寝るわけにはいきません。そうです、私には前述のその日の昼までに終わらせないといけないネームがあったのです。締め切りを間違えていた自分を全力で呪いつつ寝ずにネームを仕上げていきます。
そして朝…なんとかネームを修正することができていました!いやもうかなりの妥協をしましたけど!だめだこいつ!作業が遅い!!自分が遅筆なんてとっくの昔から知ってるわ!!!
締め切りは何度も確認しようと強く心に刻むいい機会となりました…。
ありがたい事にゆみみ先生と一緒に編集部に向かう約束をしていたのでホテルロビーへ。合流しホテルを出るときちょうど二名の作家さんと出会い途中まで一緒に移動することに。やっぱりガチガチに緊張していた私にフクシマハルカ先生が優しく話しかけてくださいました。作家さん本当優しい方しかいなかったです…!ありがとうございました…!
お二人の作家さんと別れ編集部へ。迷わず行けたのは一緒に向かってくださった作家さんのおかげです。無事にネームを提出し、東京に来た漫画目的をすべて達成することができました!
さてこの時お昼、夕方の飛行機で帰るまで時間があります。ここからは完全に自由行動でしたので、いつもボカロ関係でお世話になっているfrottageshiことせひうすPさんに会いに行きました。
せひうすPさんには高校生の頃からお世話になっていましたが、会うのはこの時が初めてになります。やっぱりドキドキしながら待ち合わせ場所に向かいます。
約30分遅刻しました。
信じられますか?初対面で遅刻しでかすんですよ?どういう神経してるんですか??
初めてお会いしたせひうすPさんはおおらかで優しく、私の遅刻をとがめることは全くありませんでした。本当に申し訳ないです。
せひうすPさんと、東京に行ったら絶対に行きたかった「魔法の国のアリス」というアリスモチーフのレストランへ。店内の装飾、お料理、すべてアリス使用でめちゃくちゃテンションあがりました!素晴らしかったです!
せひうすPさんはとても話しやすい方でした!楽しかったです!
レストランを出て、その後せひうすPさんに行き方を教えていただき、お別れをして高円寺へ向かいました。行ってみたい雑貨屋さんがあったのです。迷わずたどり着けたのは奇跡でした。目的の雑貨屋さんは素晴らしかった、というより高円寺の雰囲気がとってもツボでした…!いろんな個人経営と見えるお店がたくさん並んでいて、古本屋さんなんてまさに私が探していた外観で…!東京に移り住むことは無いですが、もし住むなら高円寺だなと確信しました。
そんなこんなで飛行機の時間、第一ターミナルと第二ターミナルを間違えるという初歩的ミスはしたものの、特に問題なく帰宅便に乗り、無事地元へ帰ってくることができました。

最後になりましたが、講談社漫画賞を受賞された皆様おめでとうございます!
この二日間で、たくさんの方にお会いすることができ、たくさんの方の優しさに救われた二日間でございました。本当様々な方にお世話になりました、ありがとうございました!東京の旅はいろいろありましたがとっても楽しかったです!
もしまたお呼ばれすることがあったら、その時は帝国ホテルのあの豪華な料理を一口は食べたいと思います(緊張で一口ものどを通らなかった)。
そして宿泊ホテルの朝ごはんもいただきたいと思います(ネームしてて食べなかった)。
長々とお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/08(火) 12:49:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おすすめのお店 | ホーム | リンク追加>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musubi336655.blog.fc2.com/tb.php/28-7627414f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。