ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤバホラ心友地獄発売

ついこの間夏だったのに気づけばもうすっかり秋といった感じですね。
本日もお知らせです。

昨日、10月6日から発売されておりますなかよしKC「本当にヤバイホラーストーリー 心友地獄」に読み切り描かせていただきました!



永遠幸先生、ナフタレン水嶋先生、ゆみみ先生、秋本葉子先生、紺のんこ先生、三月トモコ先生とのオムニバスになっております。
私は「曲がり角」というタイトルで描かせていただきました。


表紙ドーン

あの角を曲がると、知らない世界につながる…!?(冊子紹介文より抜粋)
て感じの内容です。いつも思いますがたった一行に内容まとめちゃう紹介文考える方ってすごい。

今回は街並みや背景をちゃんと描かないと伝わらない内容でしたのでめちゃくちゃ悩みながら苦手な背景に挑んでおりました。
えのきはいつもなるべくトーンを使わず白黒で描こうとするので背景にどうベタを入れてよいのかわからず頭は常にパンク状態でございました。苦手だからって避けちゃいけないですよ!えのきみたいになるよ!!
ですが今回の主要登場人物、表紙にも描いております少年少女が私の好みだったので全体的に楽しく描き進める事ができました。同い年くらいの少年少女を並べる時の楽しみって身長さにもあると思うんです!楽しかった!身長さ意識して描くのがこんなに楽しいなんて!

実は今回とあるコマに私的にとても愛着のあるものを描いております。それがこちらのコマ



どれに愛着があるのかというと、女の子の頭上、飛んでいる顔のついたお星さまです。
なぜこのお星さまに愛着があるのか、原因がこちら



ノートにらくがき?漫画?なんじゃこりゃ?そう思われますよね。
実はこの一枚、私が中学校時代に描いていた漫画の一コマなのです。
漫画と言っても、ノートに鉛筆描きしただけのものです。中学時代の私は全ページペン入れ!?トーン!?はぁ!?無理!!といったお前そんなんで将来漫画家なりたいとか言ってんのかよ!とツッコミたくなるような思考でおりました。なので当時描いていた漫画を見返すと全てノートに鉛筆描きなのです。初めてちゃんと全ページペン入れした漫画を完成させたのは高校生の時だったのですよ。
それで中学時代の漫画の話ですが、その頃私はコマの中でこの顔のついたお星さまを飛ばすことがマイブームだったのです。当時の漫画を見返すとかなりの頻度でこのお星さまが飛び交っているのです。
ふとそれを思い出した私は、当時の自分が「いつか漫画家になったらこのお星さまもかわらず飛ばすんだ」とか思っていたことも思い出しました。
それこそ中学生の戯言でしたが、ある意味夢だったそれを叶えたいな、と思い今回コマの中に懐かしいお星さまをとばしたのです。
描いているときは懐かしさよりも恥ずかしさしかなくて「これ雰囲気に合わないとかってはじかれんじゃね?」なんてちょっと思ったりしていたのですが、何の問題も無く無事に発売されました。
こうして発売された冊子の中にお星さまが飛んでいるのをみるととても感慨深いものがあります。一つ夢を叶えることができたんだな、なんて笑っちゃいますね。
もしまた機会とタイミングがあれば、このお星さまを飛ばしてあげたいです。

たった一コマの思い出話だけで長くなってしまいました!
最後にお話に登場している少年のらくがきを。

憂少年
本当はちゃんと描き込もうと思ってたのにらくがきでごめんね少年!

興味を持っていただけましたらぜひ冊子をお手に取っていただいて、お星さまがどこで飛んでいるかを確認してあげてください。よろしくお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2014/10/07(火) 08:41:15|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヤバホラネット地獄発売 | ホーム | 夏コミ3日目東ラ26a>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musubi336655.blog.fc2.com/tb.php/31-7e4e58d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。